モロッコにおけるコールドチェーン改善事業開始

投稿者: s.takahashi@farmers-sp.jp 投稿日:

2014年度にモロッコを対象国とした「高度冷蔵保存技術導入による農水生産の高付加価値化に向けた案件化調査」に続き、2016年度のJICA中小企業支援事業における「高度冷蔵保存技術導入による水産品の高付加価値化に向けた普及・実証実業」に応募・採択され、この度JICAとの間で業務委託契約を締結し正式に事業開始の運びとなりました。

高度冷蔵装置「Kuraban」と、人工海水氷製造装置「sea snow」を、モロッコ国農業・海洋業省所管の国立海洋漁業研究所水産物技術開発センター内に設置し、実際に水揚げされる水産物に対する長期鮮度保存、鮮度評価、安全性評価等を科学的に実証し、普及の方策を検討する予定です。

日本経済新聞・上毛新聞に掲載されました。


カテゴリー: 未分類

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA